勉強方法の種類

合格率の低い公認会計士試験に合格するためには、どのような勉強方法があるのでしょう。大きく3つの方法があります。

資格取得の専門学校の公認会計士の講座を受講する方法は、CMや電車内の広告などでもよく目にします。なかには仕事や大学に通いながら通う人もいて、最も利用されている方法です。スクールは資格取得に特化していて、通う年数や勉強方法などさまざまな特徴をもつ専門学校が全国に存在します。通学と通信制の2通りに分けることができて、そのなかでさらに細かく短期集中型や社会人向けなどに分かれています。

会計専門職大学院会計専門職大学院へ通いながらの勉強方法もあります。会計専門職大学院の履修科目を終了すると、短答式科目の4科目のうち3科目が免除されます。ほかの科目に絞っての勉強が可能ですが、入学のためには大学院の入学試験に合格することが必要です。会計専門職大学院へ通いながら専門学校の講座に通う人もいます。

独学のみで市販の教材を買って勉強する方法もありますが、市販の教材の少なさや試験科目の困難さから選択する人は多くないようです。

公認会計士資格を取得する状況や目的は人によって違います。どの勉強方法を選ぶかによってかかる費用も変わってきますが、それぞれの方法や自分の状況を把握して公認会計士試験への合格を目指しましょう。