通学と通信の特徴

2017年の公認会計士試験合格者のうち、学生及び専修学校・各種学校受講生は全体の68.2%、会社員は8.6%でした。多くの人が資格取得の専門学校を利用しているとともに、さまざまな状況で試験に挑んでいることがわかります。受講スタイルは大きく通学講座通信講座に別れますが、通信講座と通学での受講ではどんな違いがあるでしょう。

通学講座は専門学校での教室で講師から対面で講座を受けます。決まった授業のスケジュールに参加できる人や、ほかの生徒と受講することによってモチベーションを高めたい人に向いています。学校によっては、個別ブースを設けライブ映像で受講できたりスケジュールを自分で組めたりと特徴があります。

通信講座は距離や時間などさまざまな事情で学校に通えない、自分のペースで落ち着いて勉強したいといった人にむいています。現在はDVDや参考書だけでなく、web通信を使った受講方法を実施している学校もあります。

通信と通学を組み合わせたコースを用意している学校もあります。自宅での学習を基本としながら出席したい講座のみ出席することや、通学を基本にしながら欠席時は自宅で講義の映像を見て学習することも可能です

それぞれのフォロー体制や教材の違いの有無などをしっかり確認して長く続けられる受講方法を選びましょう。